歯肉炎は誤嚥性肺炎の原因になる?

MENU

歯肉炎は誤嚥性肺炎の原因になる?

 

日本人の死亡原因は

 

現在では日本人の死亡原因の第1位はがん、
第2位は心疾患、第3位は脳血管疾患、そして僅差での第4位は肺炎です。

 

ちなみに男性の場合は
1位 がん、2位 心疾患、3位 肺炎、4位 脳血管疾患

 

 

女性は
1位 がん、2位 心疾患、3位 脳血管疾患、4位 肺炎

 

となっています。

 

 

とくに高齢者になるにつれ肺炎での脂肪率は高くなります。
そしてそのことに歯肉炎から始まる歯周病が大きく関わっていることが
近年の研究で分かってきました。

 

 

歯肉炎と誤嚥性肺炎

 

 

高齢者のかかる肺炎の多くは誤嚥性肺炎です。
誤嚥というのは食べ物や飲み物を誤って飲み込んでしまうことです。

 

 

通常であれば飲み込まれた食べ物は食道を通過して胃へと運ばれていきますよね。
ですがこの時に気管の方に入ってしまい、
気管支、肺へと食べ物が侵入してしまうことがあります。

 

 

この時にもしも歯肉炎を患っていて、
口の中が歯周病菌でいっぱいだとどうなるでしょうか?

 

 

もしも口の中がプラークがいっぱいの不潔な状態だと
飲み込んだ食べ物も歯周病菌だらけになっています。
そして歯周病菌が肺に感染して誤嚥性肺炎を引き起こしたりします。

 

 

もともと肺や気管支には口から食べ物や細菌が侵入しないように、
嚥下反射などの生理的な反射によって保護されています。

 

 

ですが高齢者になるとこれらの反射機能が衰えていきますので、
摂食嚥下障害が起こり、誤嚥が起こる原因になります。

 

 

つまり高齢になるほど口の中を清潔にし、
歯肉炎などお口のトラブルを防ぐことが、
若いころに比べてより一層重要になるのです。

 

 

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎と糖尿病の関係は?歯周病患者は血糖値が下がらないの?
糖尿病が歯肉炎を引き起こし、歯肉炎のせいで糖尿病が悪化する。歯肉炎と糖尿病の間には一体どんな関係性があるのでしょうか?
歯肉炎や歯周病とメタボの関係は?
歯肉炎とメタボが関係あるなんてなんだかピンと来ないかもしれません。そんな方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。
歯肉炎と骨粗鬆症
歯肉炎は早く治さないと色々な病気を引き起こしますが、近年では骨粗鬆症との関係もうたわれています。
歯肉炎や歯周病のせいで動脈硬化が起こるってほんと?
歯肉炎と動脈硬化の間には切っても切れない深い関係があるのをご存知ですか?歯肉炎を悪化せてしまうと動脈硬化の原因になる、その理由を調べてみました。
歯肉炎を放置するとどうなるの?
歯肉炎は自分でも気がつかないうちに、いつの間にか進行してしまいます。歯肉炎を放置するつもりなんてなくても結果的に悪化させてしまい大切な歯を失うことにもなりかねません。