ドライマウスって?

 

ドライマウスは口腔乾燥症とも言われ、
現在増加傾向にある現代病のひとつです。
予備軍も含めて約800万人が
このドライマウスにかかっていると言われています。

 

 

 

主な症状として、経度では、

 

 

  • 口の中のネバネバ感
  •  

  • 虫歯や口内炎になりやすい
  •  

  • 歯垢や舌苔の増加
  •  

  • 口臭がきつくなる

 

などが挙げられます。

 

 

 

重度になって、口腔内の乾燥がさらに進行すると、

 

 

  • 歯磨きしたのに口臭がキツイ
  •  

  • 唇や舌の表面のひび割れ、痛み
  •  

  • 舌の痛みのせいでの摂食障害
  •  

  • 口や喉が乾いて話しづらい
  •  

  • 味がわからなくなる
  •  

  • 歯肉炎の併発

 

などが挙げられています。

 

 

 

原因としては、

 

  • 加齢
  •  

  • 不規則な食生活
  •  

  • 糖尿病や腎疾患などの病気
  •  

  • 口呼吸
  •  

  • 生活環境の乾燥
  •  

  • ストレス
  •  

  • 女性の更年期障害
  •  

  • 抗うつ剤、抗ヒスタミン剤などの薬の副作用

 

 

などが挙げられます。

 

 

これら以外にも原因はありますが、
特に注意が必要なものが「シェーグレン症候群」
という自己免疫疾患により起こるドライマウスです。

 

 

 

シェーグレン症候群とは

 

 

シェーグレン症候群は全身の乾燥を引き起こす病気で、

 

 

  • ドライマウス
  •  

  • ドライアイ
  •  

  • 鼻腔の感想
  •  

  • 肌荒れ
  •  

  • 疲労感
  •  

  • 関節炎

 

 

といった全身に様々な障害を引き起こすことがあります。
ドライマウスの原因として
こうした病気の可能性も視野に入れて原因を特定してください。

 

 

 

歯肉炎などの原因にもなる?

 

 

ドライマウスになると口腔内の乾燥がひどくなります。
唾液の量も著しく少なくなります。

 

 

 

口腔内を殺菌してくれていただ液が減ったせいで
口の中は細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

 

 

この環境は、虫歯を引き起こすミュータンス菌や、
歯肉炎などを引き起こす歯周病菌にとって
格好の繁殖場所になります。

 

 

 

もしも自分がドライマウスかなと思ったら
早めの対策を実行しましょう。

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。