どうして歯が黄色くなってしまうのでしょうか?

 

 

歯が黄色っぽくなることを着色汚れというそうです。
タバコを吸う、お茶、緑茶、コーヒー、紅茶などを飲むことで
歯に色がついてきます。

 

 

 

歯には目に見えないような細かい穴があいていたりするのですが、
そこへ食べ物や飲み物などに含まれている色素が入って変色を起こします。
この黄ばみが色素沈着です。この黄ばみはホワイトニングをしないと落とせません。

 

 

 

この時歯についてしまう歯の汚れや着色のことをステインと呼びます。
ステインはただの汚れではありません。

 

 

 

食べ物の汚れや色素、タバコのヤニなどが、
唾液中のカルシウムなどの金属イオンと結びついて歯に付着します。
これらのことをステインと呼び、歯を黄色く着色させる着色させる張本人です。

 

 

 

 

歯の表面に茶渋やヤニが付着します。
この茶渋などからくる着色は歯科医で簡単に落とせます。
ですが長期間付いたままにしてしまうと自宅でのケアではなかなか落とせません。

 

 

 

歯の着色にはどうすればいい?

 

 

 

それではどうやって対処すればいいのでしょうか?
歯の表面にこびり付いた日常の着色汚れは
付いてすぐなら歯磨きで落とすことができます。

 

 

 

着色汚れを落とすなら、着色汚れの除去を促進するような成分である
「ポリリン酸ナトリウム」などが配合された歯磨き剤を使うことがおすすめです。

 

 

 

このポリリン酸ナトリウムという成分は、
歯の表面と歯にこびりついたステインとの間に入り込み
着色汚れを浮かせて取り除きやすくする効果があります。

 

 

 

もしも歯の黄ばみや着色汚れが気になるのなら
毎日の歯磨きに取り入れて着色汚れを予防しましょう。

 

 

 

ステインが付きやすくなる食品は?

 

 

ステインがつきやすくなる食品は

 

 

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • 日本茶
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • カレー
  • ブルーベリー
  • ミートソース
  • 商品ではないですが、タバコのヤニ

 

 

などがあります。

 

 

成分的にはお茶の成分やポリフェノール、
色の濃い食べ物が着色ステインの原因になるようです。

 

 

これらのものを食べたあとはできるだけ直ぐに歯磨きをして
着色ステインが残らないように心がけることが大切です。

 

 

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。