「母子伝播」子供に大人の虫歯菌がうつるってほんと?

MENU

「母子伝播」子供に虫歯菌がうつるってほんと?

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には実は
虫歯菌(ミュータンス菌)は存在しないということを知っていますか?

 

子供の口の中に虫歯菌が住み着くようになるきっかけは
実は周りの大人から感染することがほとんどなのです。

 

  • 自分がかんだものを子供に与える
  • 同じ箸やスプーンを使う
  • ストローやコップ、ペットボトルの回し飲み

こういった行動から、もともとは虫歯菌のいない子供の口の中に
はじめて虫歯菌が住み着くようになるのです。

 

特に母親から子供に虫歯菌を感染させる「母子伝播(ぼしでんぱ)」が非常に多くなっているのです。

 

子供がはじめて虫歯菌に感染した年齢が重要?

ミュータンス菌にはじめて感染した年齢が遅ければ遅いほど
生涯の虫歯になる本数を減らすことができます。

 

4歳時点で感染している子供としていない子供では
虫歯の発生率は3倍も変わってくるとさえ言われています。

 

つまりは4歳まで虫歯菌に感染させなければ
それだけで子供の虫歯の本数を3分の1に減らすことができると言えます。

 

母子伝播を防いで子供への感染を減らすためには
お母さん自身のミュータンス菌の感染度も減らすことが大切です。

 

成長とともに感染する機会は減っていきますし
大人になれば口移しで食事をあたえるという機会もまずないでしょう。

 

一生の歯の健康をこの乳児の時期に感染するかしないかで
左右されてしまうと言えば大げさに聞こえるかもしれません。

 

でも歯自体の抵抗力がまだ弱いこの時期こそ
周りの大人が感染しないように注意してあげる必要があります。

 

また母親だけではなくて
父親、祖父母などもそうですし、子供同士の感染もありえます。

 

乳歯が生えそろうまでの時期は特に注意して

 

  • 口移しで食べさせない
  • 食器もすべて清潔なもの
  • 本人専用の食器で、を徹底する

くらいの注意が必要です。


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

ドライマウスの治し方、対処方法は?
自宅でできるドライマウスの治し方には、どのような方法があるのでしょうか?
口臭が気になってしまう!どうすればいい?
人生を台無しにしてしまいかねない口臭ですが、意外と治らない口臭で悩んでいる人は多いようです。、
歯科矯正で今話題になっているマウスピース矯正とは?
歯科矯正したいけど諦めていた、装置が気になるので敬遠していた、長期間我慢しなくてはいけないと思っていた人に朗報です。芸能人やモデルがしている歯科矯正、それがマウスピース矯正です。
虫歯に対しての歯の自然治癒力って?
虫歯は歯科医に行かないと治らないと思われがちですが、実は歯には自然治癒力というものが備わっています。ですがそのためにはある条件が…?
歯の黄ばみケア、白くするにはどうすればいい?
歯の黄ばみって気になりますよね。白い歯はそれだけで清潔に綺麗に見えます。歯を白くするにはどうすればいいのでしょうか?
歯が黄色く着色してしまう原因は?
どうして歯が黄色く着色してしまうのでしょうか?
虫歯がないのに急に歯が痛くなった!知覚過敏が起こる原因は?
虫歯がないのに突然歯が痛くなってしまうことってありませんか?もしかしたら知覚過敏かもしれませんね。知覚過敏ってどうして起こるのでしょうか?
気になる口臭の正体と徹底予防法とは?
歯肉炎以外にも歯の悩み、口内の悩みはあります。特に口臭は自分が気づいていないだけで相手に不快な思いをさせていないか心配ですよね。
若い女性に急増中?!口が開かないアゴの痛みの正体は?
口を開けたり閉じようとした時にカクンと違和感があることはありませんか?
歯科検診でよく聞く「C」ってどういう意味?
急に歯が痛くなった時の応急処置方法は?
土日祝日で歯医者が休みなのに急に歯が痛くなった…。そんな時の応急処置方法をご紹介。
当サイトについて
保険診療と自由診療の違いは?
子供に歯列矯正は必要?
いい歯科医を選ぶときのポイントは?