保険診療と自由診療の違いは?

MENU

保険診療と自由診療の違いは?

国民保険制度のおかげで基本的に
私たちの医療費は公的保険でカバーされています。

 

ですが、健康保険が使える「保険診療」と
全額負担になってしまう「自由診療」があるのは歯科医でも同じです。

 

まず、保険の対象となるのは主に病気の治療に対してのみということ。

 

つまり歯科医では、むし歯や歯周病と診断されて
歯を削ったり詰め物や被せものを被せたり
ブリッジや入れ歯などを作ったりすることが該当します。

 

これらには国民保険が適用されます。

 

ですが逆に歯並びを治すための歯列矯正・マウスピース矯正や、
黄ばみを取るためのホワイトニングは自由診療と呼ばれ
これらには国民保険は使えず全額自己負担になってしまいます。

 

 

また虫歯や歯周病で傷んだり失ってしまった歯を
人口の歯で補うための材料にもいろいろな種類がありますよね。

 

じつはこの材料にも保険がどのように適用されるのか細かく設定されています。
中には保険診療では使えない材料もあったりします。

 

また自由診療の場合は金額を医師側が自由に設定できるということもあります。
ですので人口歯の材料が同じでも料金が同じでないケースはよくあることです。

 

 

また予防についても残念なことにそのほとんどが保険適用外になっています。
下手すると治療より予防の方がお金が掛かってしまうというのも普通にありえることなのです。

 

普通はなってしまってから治すという治療よりも
なる前に予防してあげたほうが健康維持の観点から見ればいいはずですよね。

 

昔よりも子供の虫歯が減ったとは言え
歯医者さんは歯が痛くなったらいくことろ、という考え方が未だ根強いようです。

 

日本人の成人の殆どにむし歯経験があるのはこのためかもしれません。

 

でもこれからは虫歯も歯周病も自分たちで予防する時代。
そうすれば医療費の節約にもなるし、体への負担も少なくて済むでしょう。

 

とくに今後の歯科事情においては
予防歯科の考えかたや知識、習慣を家庭に持ち込むことをしていかなければいけません。

 

 

 


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

ドライマウスの治し方、対処方法は?
自宅でできるドライマウスの治し方には、どのような方法があるのでしょうか?
口臭が気になってしまう!どうすればいい?
人生を台無しにしてしまいかねない口臭ですが、意外と治らない口臭で悩んでいる人は多いようです。、
歯科矯正で今話題になっているマウスピース矯正とは?
歯科矯正したいけど諦めていた、装置が気になるので敬遠していた、長期間我慢しなくてはいけないと思っていた人に朗報です。芸能人やモデルがしている歯科矯正、それがマウスピース矯正です。
虫歯に対しての歯の自然治癒力って?
虫歯は歯科医に行かないと治らないと思われがちですが、実は歯には自然治癒力というものが備わっています。ですがそのためにはある条件が…?
歯の黄ばみケア、白くするにはどうすればいい?
歯の黄ばみって気になりますよね。白い歯はそれだけで清潔に綺麗に見えます。歯を白くするにはどうすればいいのでしょうか?
歯が黄色く着色してしまう原因は?
どうして歯が黄色く着色してしまうのでしょうか?
虫歯がないのに急に歯が痛くなった!知覚過敏が起こる原因は?
虫歯がないのに突然歯が痛くなってしまうことってありませんか?もしかしたら知覚過敏かもしれませんね。知覚過敏ってどうして起こるのでしょうか?
気になる口臭の正体と徹底予防法とは?
歯肉炎以外にも歯の悩み、口内の悩みはあります。特に口臭は自分が気づいていないだけで相手に不快な思いをさせていないか心配ですよね。
若い女性に急増中?!口が開かないアゴの痛みの正体は?
口を開けたり閉じようとした時にカクンと違和感があることはありませんか?
歯科検診でよく聞く「C」ってどういう意味?
「母子伝播」子供に虫歯菌がうつるってほんと?
急に歯が痛くなった時の応急処置方法は?
土日祝日で歯医者が休みなのに急に歯が痛くなった…。そんな時の応急処置方法をご紹介。
当サイトについて
子供に歯列矯正は必要?
いい歯科医を選ぶときのポイントは?