歯肉炎と生活習慣

MENU

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

歯肉炎と生活習慣記事一覧

歯肉炎の予防には何が大切?歯肉炎の予防には何が大切なのでしょうか?歯肉炎の予防にはプラークコントロール生活習慣の改善歯科医での定期検診この3つが非常に重要です。歯肉炎とプラークコントロールプラークコントロールとは歯面や歯に隣接している歯肉の表面に溜まってしまいがちなプラークや付着物を除去して予防することです。近年の歯肉炎予防において、プラークコントロールは欠かすことのできない重要な問題です。物理的...

歯肉炎や歯周病の原因は、なんと言ってもプラーク中の歯周病菌による、「細菌感染」によるものです。歯肉炎も虫歯と同じで、細菌の存在なしには起こりえない感染症といえます。現在では、歯肉炎や歯周病の原因菌は10数類以上発見されています。もともと口腔内には何百種類もの細菌が存在しています。それらの中には、歯や歯茎に対していい影響を与えるもの、悪い影響を与えるもの、そのどちらでもないもの、が存在しています。色...

タバコを吸っていると歯肉炎が治りにくくなる理由についてお話します。もともと歯肉炎、歯周病は生活習慣が深く関係している病気の一つです。中でもタバコによるリスクは数ある悪習慣の中でも1番悪影響が大きいと言われています。タバコを吸うことはガンや肺疾患などの様々な生活習慣病の原因になりますよね。それに加えて歯肉炎についてもタバコによる悪影響が大きいと言われてきています。もちろん定期的に視界に通ってメンテナ...

30代になってくると口腔環境が変化してきます。その最大の変化が「だ液の分泌量が減ってしまう」ことです。唾液は食べ物を消化して飲み込むための手助けをしてくれますが、主な働きはそれだけでありません。だ液の重要な仕事は虫歯菌や歯周病菌の繁殖を抑えること口臭の予防です。お口のなかのさまざまなトラブルを予防するカギは唾液が握っていると言っても過言ではありません。そのだ液が30代以降はどんどん減っていってしま...