歯肉炎や歯周病は感染症〜大人同士のキスでもうつるの?

MENU

歯肉炎や歯周病は感染症〜大人同士のキスでもうつるの?

歯肉炎や歯周病の原因は、
なんと言ってもプラーク中の歯周病菌による、
「細菌感染」によるものです。

 

歯肉炎も虫歯と同じで、
細菌の存在なしには起こりえない感染症といえます。

 

現在では、歯肉炎や歯周病の原因菌は
10数類以上発見されています。

 

もともと口腔内には何百種類もの細菌が存在しています。

 

 

それらの中には、歯や歯茎に対していい影響を与えるもの、
悪い影響を与えるもの、
そのどちらでもないもの、が存在しています。

 

 

色々な細菌がごちゃごちゃになっている状態ですので、
感染を完全に防ぐことは、どうしても難しくなります。

 

 

歯周病菌が感染するときのほとんどは、
母子間などといった大人から子供へのルートが多いと言われています。

 

 

ですが、菌が子供の口腔内にうつったところで、
必ずしも歯肉炎になるとは限りません。

 

 

たとえ歯周病菌がいたとしても、
歯磨きなどのケアをきちんとしてあげてさえいれば、
歯周病菌の住みかであるプラークを作らないように予防できるはずです。

 

 

ちなみに、歯周病菌の感染は、
大人同士のキスの際にも起こります。

 

 

自分自身だけで一生懸命口腔ケアをするのではなく、
できるならパートナーやカップル同士、
家族みんなでのケアを心がけていきましょう。

 

 

もしもうすでに歯肉炎になってしまっているのでしたら、
こちらの歯肉炎の治し方のページを読んでみてください。

 


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎の予防にはどうすればいいの?
歯肉炎の予防にはどうすればいいのでしょうか?
タバコを吸っていると歯肉炎が治りにくいってホント?お酒は?
タバコを吸っていると歯肉炎が治りにくくなるというのは本当でしょうか?また飲酒の影響はどうなんでしょうか?
30代以降は虫歯になりやすくなっていくってホント!?