健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与える?

MENU

健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与える?

歯の本数が多い人ほど健康で長生きできる?

 

近年、むし歯や歯肉炎など、
歯の健康状態が全身の健康状態に多くの影響を与えるということが
研究機関の研究によって明らかにされてきています。

 

 

むし歯や歯肉炎などの歯や歯ぐきの病気を早期に治し、
それらを予防することによって、全身の健康や、
健康な状態での寿命を長くしようとする意識が国民の間でも広まりつつあります。

 

 

特にテレビや雑誌でも頻繁に口の中の健康の維持の仕方や、
口の中の病気がいかに全身への悪影響を与えるか、
などの特集が組まれたりしています。

 

 

なので私たちも自然と口の中を健康に保とうとして
自分でできる虫歯予防や歯肉炎の治し方などを
調べて実践しようとする人が増えているのだと思います。

 

 

やっぱり、人間いくら長生きできたとしても
体が健康でなければ意味がないんですよね。
それはきっとほとんど全ての人が思っていることだと思います。

 

 

そして、「歯が残っている本数が多い人ほど、
認知症や寝たきりになる割合が低く、健康で長生きする」
という事実を裏付けるデータが日本を含む世界各国で発表されています。

 

 

例えば、「歯の本数と生存率」を15年間調査した研究では、
男性は60歳以上になると健康に機能する歯が多い人のほうが生存率が高まるという傾向が出はじめ、
そして80歳以上で男女ともに歯の本数の違いが明らかに生存率の差となって表れるそうです。

 

 

逆に言えば、80歳の時点で歯が1本もない人は、
20本以上残っている人の約2倍も死亡するリスクが高いという結果も出ています。

 

 

さらに、咀嚼能力が低い人が、よく噛める人に比べて、
要介護になるリスクは7.5倍にもなるそうです。

 

 

以上のことからよく噛めるということが、
健康と長寿を後押ししてくれていると言うことがわかると思います。

 

 

歯が健康な人ほど全身の医療費が少ない?

 

全国の様々な自治体が行った調査では、
「歯の本数が多い人ほど全身の健康にかかる医療費が少なくて、
仮に病気になっても入院や通院の日数が少なく済んでいる」という結果が出ています。

 

 

そして高齢になればなるほど、
その差はどんどん広がり医療費と入院日数、通院日数は確実に差が出ます。

 

 

特に近年は高齢化社会での医療費問題が社会問題としてよく話題にあがっていますよね。
でもどうしてそのような違いが生じてしまうのでしょうか?

 

 

それはこのサイト全体でお話させていただいていますが、
むし歯や歯肉炎などの口内のトラブルの悪影響は
口内のみにとどまらないというわけなのです。

 

 

特に歯肉炎は糖尿病と深い因果関係があったり
心筋梗塞脳梗塞肺炎や認知症など、様々な全身疾患を引き起こす原因にもなりうるのです。

 

 

歯肉炎が進行すれば、いずれは全身疾患の治療費負担につながります。
歯を失って寝たきりや要介護のリスクが高まってしまえば、
介護費も上乗せされるかもしれません。

 

 

逆に考えれば、むし歯や歯肉炎はすぐに治し、
歯の健康を維持できればそれだけ全身の健康を維持できる可能性は高くなるのです。
むし歯や歯肉炎の治し方を知って、今すぐケアに励みましょう♪

 


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏の違いは?
歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏。名前が似ていますがどのように違うのでしょうか?
歯肉炎が若い世代に増えているってホント?
歯肉炎が中年〜年配の方だけの病気と思っていませんか?実は意外と若い世代にも歯肉炎にかかる人は少なくありません。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
むし歯や歯肉炎、女性の方がかかりやすいってホント?
むし歯や歯肉炎には、女性の方がかかりやすいという説がありますがその理由はなんでしょうか?
歯周病の原因は?
歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病ですが、この歯周病にはいったい何が原因でなるのでしょうか?
歯肉炎の原因にも!ドライマウスって何?
ドライマウスの人口は推定800万人とも言われています。現在日本人の間で増加傾向にある現代病のひとつです。
歯肉炎で出血!治療期間はどれくらい?
歯肉炎になると歯茎から出血したりしてとても心配になりますよね。きちんと治さないと何度でも再発しますので頑張って治しましょう。
歯肉炎を妊婦さんが放置すると早産になるってほんと?!
妊婦さんが歯肉炎を放置すると早産につながるのは本当でしょうか?また、そうだとしたらそれはなぜでしょうか?
歯肉炎を悪化させすぎると抜歯が必要になるケースも?
たかが歯肉炎と思って治療せずに放置してしまうと、歯周病が原因で大切な歯を抜歯しなくてはならなくなるかもしれません。