むし歯や歯肉炎、女性の方がかかりやすいってホント?

MENU

むし歯や歯肉炎、女性の方がかかりやすいってホント?

 

女性の方がむし歯や歯肉炎に掛かりやすい?

 

女性であることはそれだけでむし歯や歯肉炎に掛かりやすいという説があります。
実際に、幼少期から80歳代まで、ほぼすべての年代において
男性よりも女性の方が虫歯の患者数が多いという統計が出ています。

 

 

だ液の量や殺菌力、ミュータンス菌(虫歯菌)の数などで個人差はあるのですが、
実はこの女性のむし歯や歯肉炎が多いという統計は
日本だけに限定されず、世界的に見ても同様のデータが得られていることが明らかにされています。

 

 

これらのデータから女性にはむし歯や歯肉炎に掛かりやすい
特有のリスクを持っているということがわかります。

 

 

女性ホルモンと歯肉炎の関係性は?

 

実は、歯肉炎の発症や悪化には女性ホルモンの関与が大きいこともわかってきています。
というのも、歯周病菌の中には女性ホルモンを好む種類の菌が存在していて、
これらの菌は、体内の女性ホルモンが増加するとそれに釣られて一気に増殖するというのです。

 

 

例えば生理前後や出産など、女性にはホルモンの量が変化し増加する時期がありますよね。
そんな時にむし歯や歯肉炎にかかりやすいというのはこういうことが原因なのです。

 

 

ですのでむし歯や歯肉炎の予防には女性にとって特有のリスクがあるのだということを理解して
むし歯や歯肉炎のケアをしていきましょう。

 

 

女性の唾液の量が少ない、歯が弱いってホント?

 

女性のお口のトラブルにおけるリスクの一つに、
男性に比べて唾液腺の大きさが小さめであるということがあります。

 

 

つまり、男性に比べると唾液の中和力である緩衝能という機能がとても弱く
いったん口の中が酸性に傾いてしまうと、なかなか中性の状態に戻すことができません。

 

 

お口の中がこの賛成の状態になっている時間が長ければ長いほど、
むし歯や歯肉炎になりやすく、症状も進行しやすいのです。

 

 

特に更年期の女性は要注意。
更年期は女性ホルモンのバランスが崩れやすいですよね。
こうなると唾液の分泌量は一気に少なくなります。

 

 

唾液の分泌量が少なくなると、そのリスクは虫歯だけではすみません。
歯肉炎から始まる歯周病、ドライマウスなど
お口の様々なトラブルも併発しやすくなってしまいます。

 

 

また、女性の歯が男性のものよりも弱いということも理由があります。
これは女性の歯が男性のものよりもエナメル質の硬度が低く、
その下にある象牙質という物質が男性のものよりも薄いのです。

 

 

ちなみに歯は中から歯髄(神経)、象牙質、そして一番外側の硬いエナメル質の三層構造になっているのですが、
外側の歯の防御壁であるはずのエナメル質が弱かったりしたら…。
また、中層の象牙質が薄いというのも虫歯が神経にまで達しやすいということです。

 

 

これらの要素がが歯の健康にプラスかマイナスか、もうおわかりですよね?
女性にとってむし歯や歯肉炎の予防は決して気の抜けないものですので、
それらを予防できるような自宅でのブラッシングなどもしっかり習得する必要があるのです。

 

 

 

 

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏の違いは?
歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏。名前が似ていますがどのように違うのでしょうか?
歯肉炎が若い世代に増えているってホント?
歯肉炎が中年〜年配の方だけの病気と思っていませんか?実は意外と若い世代にも歯肉炎にかかる人は少なくありません。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
歯周病の原因は?
歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病ですが、この歯周病にはいったい何が原因でなるのでしょうか?
歯肉炎の原因にも!ドライマウスって何?
ドライマウスの人口は推定800万人とも言われています。現在日本人の間で増加傾向にある現代病のひとつです。
歯肉炎で出血!治療期間はどれくらい?
歯肉炎になると歯茎から出血したりしてとても心配になりますよね。きちんと治さないと何度でも再発しますので頑張って治しましょう。
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与える?
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与えるというのは本当でしょうか?歯肉炎や虫歯をしっかり治しておけばそれだけ健康で長生きできるのか調べてみました。
歯肉炎を妊婦さんが放置すると早産になるってほんと?!
妊婦さんが歯肉炎を放置すると早産につながるのは本当でしょうか?また、そうだとしたらそれはなぜでしょうか?
歯肉炎を悪化させすぎると抜歯が必要になるケースも?
たかが歯肉炎と思って治療せずに放置してしまうと、歯周病が原因で大切な歯を抜歯しなくてはならなくなるかもしれません。