歯肉炎を妊婦さんが放置すると早産になるってほんと?!

MENU

歯肉炎を妊婦さんが放置すると早産になるってほんと?!

近頃、歯肉炎、歯周病に関与している細菌が、
肺炎心疾患糖尿病などの病気の進行を促進して悪化させてしまうのではないかという
研究が盛んに行われるようになり、世界中で注目されるようになりました。

 

 

実は、これらの細菌が早産や低体重出生児の原因にもなっているのではないかといわれています。
実際に行われている研究から発表された結果は、歯肉炎や歯周病を患っている妊婦さんは、
健康な妊婦さんに比べて早産や低体重出生の可能性が約7倍も高くなるというものでした。

 

 

約7倍。これってすごく怖いですよね。
もちろん一時は歯周病を患っていても治療をしっかりしていれば、
早産などのリスクはかなり軽減されるというデータも出ています。

 

 

もちろん妊娠中は歯科治療に最適な時期だはありませんが、
もしも妊娠中に治療が必要な場合、時期を選べば治療を行うこともできます。

 

 

歯ブラシ指導や歯の清掃などはすべての時期でも行えます。
妊娠中はホルモンの関係で、歯肉炎が起こりやすくなりますので、
いつも以上に歯磨きを丁寧にする必要があります。

 

 

ちなみに歯科検診で行われるX線は胎児への影響は心配ありません。
照射量が少なく、撮影場所も性腺や子宮から離れているからです。
さらい万全を期すために防護エプロンを着て必要最低限の枚数しか撮りません。

 

 

麻酔に関しても、歯科医で治療の時に使われているものは
胎児に対して危険なものは使っていませんし、
基本的に必要な時にしか使いません。

 

 

たかが歯肉炎、たかが歯周病と油断せずに
しっかりと治療を行いたいものです。

 

 

どうして早産や低体重児出産の原因になるの?

 

歯肉炎や歯周病が早産などにつながる理由は女性ホルモンにあります。
妊娠中の女性は体内で女性ホルモンが大量に分泌されますよね。
そしてこの女性ホルモンはだ液の中にも溶け込んでいるんです。

 

 

歯周病菌は女性ホルモンを栄養源とするため、
妊娠時期は歯周病のリスクが一段と高まるのです。

 

 

歯周病の炎症があると、PGE2(プロスタグランジン2)という酵素や、
炎症性サイドカインの血中濃度が高まりますが、
実はこれらには子宮を収縮させる作用があるのです。

 

 

PGE2は陣痛促進剤として使用されているほど子宮収縮作用が強いことで知られていますが、
この作用によって早産や低体重児出産の可能性が高くなるというわけです。

 

 

妊娠中は体調が不安定なこともあり、
なかなか歯科医に通院することも困難な人もいると思います。

 

 

ですが、こうした出産時のリスクを少しでも軽減するために、
安定期に突入して活動しやすくなったら
ぜひ一度歯科医に行って診察を受けておきましょう。

 

 

こちらの歯肉炎の治し方も参考にしてみてください。


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏の違いは?
歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏。名前が似ていますがどのように違うのでしょうか?
歯肉炎が若い世代に増えているってホント?
歯肉炎が中年〜年配の方だけの病気と思っていませんか?実は意外と若い世代にも歯肉炎にかかる人は少なくありません。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
むし歯や歯肉炎、女性の方がかかりやすいってホント?
むし歯や歯肉炎には、女性の方がかかりやすいという説がありますがその理由はなんでしょうか?
歯周病の原因は?
歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病ですが、この歯周病にはいったい何が原因でなるのでしょうか?
歯肉炎の原因にも!ドライマウスって何?
ドライマウスの人口は推定800万人とも言われています。現在日本人の間で増加傾向にある現代病のひとつです。
歯肉炎で出血!治療期間はどれくらい?
歯肉炎になると歯茎から出血したりしてとても心配になりますよね。きちんと治さないと何度でも再発しますので頑張って治しましょう。
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与える?
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与えるというのは本当でしょうか?歯肉炎や虫歯をしっかり治しておけばそれだけ健康で長生きできるのか調べてみました。
歯肉炎を悪化させすぎると抜歯が必要になるケースも?
たかが歯肉炎と思って治療せずに放置してしまうと、歯周病が原因で大切な歯を抜歯しなくてはならなくなるかもしれません。