歯周病の原因は?

MENU

歯周病の原因は?

 

 

歯周病の第一の原因は、
歯磨きで取り除ききれなかったプラークです。

 

 

プラークについて説明しますと、
プラークは歯と歯肉の境目に付着している
白いネバネバした物質です。

 

 

食べ物を食べたあとにくっつくショ糖が主成分なのですが、
恐ろしいことにこのわずかなプラークの中に
たくさんの虫歯菌や歯周病菌がいたりします。

 

 

プラークは食べかすだと思っている人も多いですが(私も昔はそう思っていました)、
実はプラークは歯周病菌などの細菌の塊なんだそうです。

 

 

このプラークのわずか1mgほどの塊の中に、
いったいどれくらいの細菌が存在していると思いますか?
その数はなんと1億個なんだそうです。

 

 

プラークは最初は柔らかいので、
この状態の時は歯磨きで除去することができます。

 

 

ですが、放置して時間が経ってしまうと
唾液中のカルシウムなどと結合して石灰化してしまうのです。
そして2週間ほどで硬い歯石へと変化します。

 

 

こうなってしまうともう歯磨きでは取り除くことはできません。
さらに表面がザラザラしているので、このザラザラの上にプラークがたまりやすくなります。
そして歯石の蓄積は加速していきます。

 

 

そして、さらに恐ろしいことにこのプラークは歯と歯茎の間の歯肉溝に入り込み悪さを始めます。
歯肉溝の中で歯周組織を破壊しながら歯肉ポケットや歯周ポケットといった隙間を作り
さらに奥へ、奥へと掘り進んでいくのです。

 

 

ちなみに歯周病菌は酸素が苦手です。
ですので酸素の届かない、空気の入り込めない歯周ポケットの中が大好きです。
歯周病菌はプラークと一緒にどんどん歯や歯茎の奥の方へと掘り進み、炎症は広がっていきます。

 

 

ここまでが歯周病が発症する流れです。

 

 

歯周病は歯肉炎から発展する

 

歯と歯肉の間にプラークや歯石が溜まって歯肉だけが炎症を起こしている状態。
この状態を歯肉炎といいます。
歯肉炎は歯周病の初期段階です。

 

 

ここから悪化して炎症が歯周組織の奥の方へと広がっていきます。
この歯肉炎が悪化した状態を歯周炎と呼びます。
これらの症状をひっくるめて歯周病と呼びます。

 

 

歯肉炎や歯周病のせいで歯ぐきが…

 

もともと健康な歯肉はピンク色で、歯と歯の間の歯肉はピンク色で引き締まっています。
形も引き締まった三角形をしていて毛穴のようなブツブツが見られます。

 

 

ですがここから炎症が始まると、歯ぐきは赤く腫れ、感触もブヨブヨし始めます。
歯と歯の間の歯肉もゆるい感じの山型になり、歯磨きの時に出血したり、
朝起きたら口の中が最近でネバネバしやすくなったりします。

 

 

歯肉炎の段階ではまだ歯がグラグラしたり、歯ぐきが痛むということはありません。
そのためついつい歯科医院に行かなかったり放置して
歯周炎にまで悪化させてしまうケースも少なくありません。

 

 

ですが、歯肉炎の段階ならば、歯科医院で歯石を取り除き、
自宅での歯磨きを徹底すれば健康な状態の歯ぐきに戻せます。

 

 

いかに歯肉炎の段階で歯茎の異常に気がついて対処するかどうかが非常に重要です。
次は歯肉炎の治し方を読んでみてください。

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏の違いは?
歯肉炎と、歯周病、歯槽膿漏。名前が似ていますがどのように違うのでしょうか?
歯肉炎が若い世代に増えているってホント?
歯肉炎が中年〜年配の方だけの病気と思っていませんか?実は意外と若い世代にも歯肉炎にかかる人は少なくありません。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
むし歯や歯肉炎、女性の方がかかりやすいってホント?
むし歯や歯肉炎には、女性の方がかかりやすいという説がありますがその理由はなんでしょうか?
歯肉炎の原因にも!ドライマウスって何?
ドライマウスの人口は推定800万人とも言われています。現在日本人の間で増加傾向にある現代病のひとつです。
歯肉炎で出血!治療期間はどれくらい?
歯肉炎になると歯茎から出血したりしてとても心配になりますよね。きちんと治さないと何度でも再発しますので頑張って治しましょう。
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与える?
健康な歯の本数は寿命や全身の健康に影響を与えるというのは本当でしょうか?歯肉炎や虫歯をしっかり治しておけばそれだけ健康で長生きできるのか調べてみました。
歯肉炎を妊婦さんが放置すると早産になるってほんと?!
妊婦さんが歯肉炎を放置すると早産につながるのは本当でしょうか?また、そうだとしたらそれはなぜでしょうか?
歯肉炎を悪化させすぎると抜歯が必要になるケースも?
たかが歯肉炎と思って治療せずに放置してしまうと、歯周病が原因で大切な歯を抜歯しなくてはならなくなるかもしれません。