甘いものは虫歯のもと、は本当か?

MENU

甘いものは虫歯のもと、は本当か?

 

 

よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
もしもそれが本当なら甘党の人ばかり虫歯になって
甘いものが苦手な人はあまり虫歯にはならないということになるかもしれません。

 

 

よく言われているこの「甘いものは虫歯のもと」という説ですが、
実は、砂糖などの甘いものが虫歯の直接の原因になるわけではありません。

 

 

水やノンシュガーのお茶以外のものを口にすれば、
大抵の場合、口の中は酸性に傾き脱灰が始まります。
発泡性の炭水化物が虫歯の原因になります。

 

と、言うことは、

 

  • 1日に何度も砂糖入りのコーヒーやジュースを飲む
  • お菓子をちょこちょこ食べたりする

 

といういわゆる「だらだらと食べる」ということを習慣的にしていると、
口の中がいつまでたっても酸性のままになってしまいます。
これって虫歯のリスクをすごく高めているんですよね。

 

 

むし歯を予防するために大切なのは?

 

むし歯を予防するために大切なことは、
口の中を中性に戻し、できるだけ口の中が酸性の時間を短く、
再石灰化の時間ができるだけ長くなるようにしてあげることです。

 

そこで効果的なのが、「だらだら食べる」から「まとめて食べる」への改善です。

 

 

甘いものやジュースなどは、食後のデザートとして、
食事の後などに時間を空けずまとめて食べてしまいましょう。
そうすることによって虫歯に対する危険性をかなり減らせることになります。

 

小さなチロルチョコ1粒やアメ玉1個食べたとしても、
それは大きなケーキを食べるのと同じように脱灰が始まります。

 

 

つまり甘いものをどれだけ食べるかではなくて、
どのタイミングで食べるかということが超重要なのです。


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
歯肉炎対策にオススメな栄養素は?
歯肉炎対策に注目の集まっているある栄養素とは?
間食が多い人は歯肉炎になりやすい?
間食が多い人は歯肉炎をはじめお口の中の様々なトラブルを引き起こしやすくなると言われていますが、それはなぜでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?
虫歯の予防には歯の再石灰化の効果は必要不可欠です。ではどうすれば再石灰化のパワーを最大限生かすことができるのでしょうか?
食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?
唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?