唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?

MENU

唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?

唾液は分泌量が多ければ多いほどいいと言われていますが、
量だけではなく質にも個人差があるのをご存知でしょうか?

 

タイトルでもあげましたが、唾液にはネバネバとサラサラの2種類が存在します。
とくに口の中が酸性に傾いていると唾液はネバネバしてきます。

 

これは口の中の環境が酸性に傾いていることで
虫歯菌などの細菌が繁殖しているせいです。

 

逆に水分の多いサラサラした唾液だと口内の環境も良くなりますし
口臭も出にくくなります。

 

唾液の質を高めてくれる食品は?

だ液の質を高めるには普段の食生活も大きく影響してきます。

  • きのこ類
  • キウイフルーツ
  • 小魚やひじき
  • 繊維質の多い食材

を積極的に取り入れるのがいいでしょう。

 

野菜や海藻などは繊維質が多いので自然としっかり噛もうとします。
しっかり噛むことでだ液の分泌が活性化されますのでだ液の質が向上します。

 

小魚やひじき、牛乳、チーズなどは歯の再石灰化を促進してくれるカルシウムが豊富に含まれています。

 

またキウイフルーツが口臭予防になるのも意外と有名な話。
キウイフルーツをゆっくりと噛んで食べると舌苔を落としてくれるはたらきがあります。
舌苔は口臭の原因にもなります。

 

 

唾液は量だけではなく質も重要なのですが
噛む回数を増やしてくれるような、
しっかりと噛まないと飲み込めないような食材を食事に取り入れるのが一番効果的です。

 

ただし噛みごたえがある=硬いというわけではありません。
基本的に食物繊維の多い食材がこれにあたります。

 

日本食にはこの食物繊維の豊富な食材がよく取り入れられていて
だ液の質を高めてくれる傾向にあります。

 

 


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
歯肉炎対策にオススメな栄養素は?
歯肉炎対策に注目の集まっているある栄養素とは?
間食が多い人は歯肉炎になりやすい?
間食が多い人は歯肉炎をはじめお口の中の様々なトラブルを引き起こしやすくなると言われていますが、それはなぜでしょうか?
甘いものは虫歯のもと、は本当か?
よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?
虫歯の予防には歯の再石灰化の効果は必要不可欠です。ではどうすれば再石灰化のパワーを最大限生かすことができるのでしょうか?
食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?