歯肉炎対策にオススメな栄養素は?

MENU

歯肉炎対策にオススメな栄養素は?

歯肉炎対策に必要な栄養素

 

昔から、健康な歯にはカルシウムがいいと言われてきました。
確かに骨の原料ともなるカルシウムは歯の健康を守る上では必要不可欠です。

 

もちろんそれは重要なのですが、
近年ではさらに科学が進歩して色々な研究が進んでいます。

 

そしてその結果お口の中の健康、特に歯肉炎、歯周病の対策として、
コラーゲンが非常に重要であると言われています。

 

なぜコラーゲンが歯肉の健康にいいのか

 

まず、歯肉炎の予防には歯根膜を健康に保つということが欠かせませんが、
コラーゲンはこの歯根膜を丈夫にしてくれるのです。

 

歯根膜の主な要素はコラーゲン繊維が占めています。
そしてコラーゲンの生成のための原料となるのは
良質なタンパク質やビタミン、ミネラルです。

 

ですので、特に歯肉炎や歯周病の兆候が見られる人は、
コラーゲンの生成を促進してくれるような食生活を心がけるといいでしょう。

 

 

コラーゲンの生成に有効な食品は?

 

 

コラーゲンの生成に有効な食品は、

 

  • オクラ
  • 鳥の手羽先
  • 軟骨
  • 牛すじ
  • フカヒレ
  • すっぽん

 

で、それに加えて

 

  • 肉や魚
  • 乳製品
  • 大豆食品
  • ビタミンC

 

の摂取が非常に重要です。
特にビタミンCは体内でのコラーゲンの再構築に非常に重要ですし、
そもそもビタミンCは体内では生成されませんので積極的に摂りたいですね。

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
間食が多い人は歯肉炎になりやすい?
間食が多い人は歯肉炎をはじめお口の中の様々なトラブルを引き起こしやすくなると言われていますが、それはなぜでしょうか?
甘いものは虫歯のもと、は本当か?
よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?
虫歯の予防には歯の再石灰化の効果は必要不可欠です。ではどうすれば再石灰化のパワーを最大限生かすことができるのでしょうか?
食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?
唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?