間食が多い人は歯肉炎になりやすい?

MENU

 

 

間食をよくしていると何が起こる?

 

 

あなたは1日に何回くらい間食をされますか?

 

 

食事や間食をするたびに脱灰という現象がおこり、
そのあと再石灰化が起こるということを虫歯に対しての歯の自然治癒力って?でお話しましたが、
実は間食の回数が多ければ多い人ほど歯に対してある悪影響与えてしまうことがわかっています。

 

 

 

間食をよくされるという方はいますぐこのページを最後まで読んでみてくださいね。

 

 

 

間食が多いとなにがいけないの?

 

 

食事や間食をすることで虫歯菌がそれを分解するために酸を出す「脱灰」、
食後一定時間経つと、だ液が口の中を酸性から中性にもどす「再石灰化」、
私たちの口の中は、常にこの脱灰と再石灰化を繰り返しています。

 

 

 

1日に何回も間食をとったり、たとえアメ玉1粒でも頻繁に食べたりする人は、
そのたびに口の中が酸性になってしまい、
その分再石灰化で口の中が中性になっている時間が減ってしまいます。

 

 

 

つまり、むし歯を予防するためには食習慣の工夫も必要になってきます。

 

 

完食の少ない規則正しい食生活は再石灰化を促し、
不規則な食生活では脱灰の時間の方が長くなってしまい口の中がいつも酸性になってしまうので
虫歯になりやすい状態になってしまいます。

 

 

 

さらに寝る前に甘いデザートを食べたりして、
歯磨きをしないでそのまま寝てしまうことは最悪のパターンです。

 

 

 

そして、だ液が減ることで口の中が乾燥しますので、
口臭着色歯肉炎にもつながっていきます。

 

 

ここまではいいでしょうか?

 

 

 

つまり再石灰化を促すためにも、規則正しい食生活、
そして最低でも就寝前と起床後の口腔ケアをしっかりとするようにしましょう。

 

 

 

間食は控えたほうがいい?

 

 

間食を控えることで虫歯になりにくい状態を作り出すことができます。
他にも、間食を控えることで、
同時に糖分を控えることにもつながっています。

 

 

 

むし歯や歯周病も、糖尿病メタボと同じように、生活習慣病なのです。
むし歯を予防するために間食を減らすことは
ダイエット、そして生活習慣病対策にも効果がのぞめます。

 

 


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
歯肉炎対策にオススメな栄養素は?
歯肉炎対策に注目の集まっているある栄養素とは?
甘いものは虫歯のもと、は本当か?
よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?
虫歯の予防には歯の再石灰化の効果は必要不可欠です。ではどうすれば再石灰化のパワーを最大限生かすことができるのでしょうか?
食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?
唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?