食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?

MENU

食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?

現在、日本人の食生活は肉類や揚げ物、
ファーストフードなどいわゆる欧米食が根強く定着しています。

 

じつはこの欧米食への食のかたよりこそが、
私たちの体臭や口臭などの原因であると言われています。

 

というのも欧米食は脂肪や動物性タンパク質などをたくさん含んでいるんです。
これらを過剰に摂取することで皮脂腺が刺激されてしまい
体臭の原因である皮脂が増加してしまうんですね。

 

また同時に腸内の善玉菌を弱らせ、悪玉菌を活発化させてしまいます。
腸内環境が悪くなるとアンモニアや硫化水素などの
悪臭成分が皮脂に多く含まれてしまうことになります。

 

そうすると体臭そのものが不快なニオイになっていってしまうんですよね。
また野菜や穀類中心の日本食に比べて
肉中心の欧米食は口臭を悪化させやすい傾向もあります。

 

穀物や野菜、魚が中心の日本食の特徴は
脂肪分が少ないということもありますが
体臭予防にぴったりと言われているビタミンCが豊富に含まれているのです。

 

また、日本食ならではの調味料である醤油や味噌、料理酒には
食材の生臭さを和らげる働きがあります。
そのおかげで多くの人がなやみがちな口臭予防にも一役かってくれるのです。

 

実際に日本食が中心だった戦前の日本では欧米食というのはほとんどありませんでした。
その時代にはなんと日本人は体臭が非常に少ない民族であると
世界的に知られていたという話もあります。

 

専門家の中には当時の日本食を「体臭予防食」と呼ぶ人もいるくらいです。

 

また日本独自の日本茶、緑茶にはビタミンCとカテキンが豊富に含まれています。
これらにも消臭効果や加齢臭を予防するはたらきがありますので
これらが食の中心出会った頃は自然と体臭&口臭ケアができていたんでしょうね。

 

もちろん今から全てを日本食に変えるのは不可能に近いかもしれません。
でも体臭や口臭をスッキリさせるためには間違いなく近道であると言えます。

 

毎日ではなくても、たとえば1週間のうち数日は
日本食を意識してとりいれた食生活に変えてみてもいいかもしれませんね。


関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
歯肉炎対策にオススメな栄養素は?
歯肉炎対策に注目の集まっているある栄養素とは?
間食が多い人は歯肉炎になりやすい?
間食が多い人は歯肉炎をはじめお口の中の様々なトラブルを引き起こしやすくなると言われていますが、それはなぜでしょうか?
甘いものは虫歯のもと、は本当か?
よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?
虫歯の予防には歯の再石灰化の効果は必要不可欠です。ではどうすれば再石灰化のパワーを最大限生かすことができるのでしょうか?
唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?