再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?

MENU

再石灰化のパワーを最大限に生かすため必要なこととは?

 

 

 

 

間食が多い人は歯肉炎になりやすい?のページでは、
間食を頻繁に摂ることのデメリットをお伝えしました。

 

 

 

普段から、お菓子やジュースをだらだらと口にしていると、
その度に脱灰が始まってしまい、
代わりに再石灰化の時間は短くなってしまいます。

 

 

 

これはまさに、虫歯予防への道を逆走しているようなもので、
いくらその度に歯磨きをしたとしても進歩は得られません。
たとえ小さなアメ玉1個でも、口に入れたら脱灰は始まってしまうのです。

 

 

 

そのためむし歯を作らないために、

 

 

  • 脱灰の時間をできるだけ作らないようにする。
  •  

  • 再石灰化の時間をできるだけまとめて長時間取る。

 

 

ということがとても重要です。

 

 

 

そして再石灰化の時間を長く確保するためには、
「水以外を口にしない」という時間をできるだけ作るということが必要かつとても効果的です。

 

 

 

たとえば、砂糖入りのコーヒーや紅茶をちょこちょこ飲むのは逆効果ということになります。
飲むならまとめて一度に飲んでしまったほうが全然歯には負担がかかりません。

 

 

 

また、コーヒー、紅茶、お茶などにはカフェインが入っていますよね。
このカフェインですが、実は唾液の分泌を妨げる作用があるのです。

 

 

 

つまりこれらのカフェイン入りの飲料をよく飲む人は、自然とだ液の分泌量が減ってしまいます。
これでは、虫歯予防歯肉炎予防口臭予防ドライマウス予防といった、
だ液の口内殺菌作用の恩恵を受けることができません。

 

 

 

とはいえ、口の中は常に潤っている方がいいので、
口の中が乾かないように水や白湯、カフェインレス&シュガーレスのハーブティなどを飲むといいでしょう。
カフェインレスかつシュガーレスであることがとても重要です。

 

 

 

またお酒も同じように糖分や糖質が入っていたりしますので、
飲みたいときは食事と一緒に飲みましょう。
何時間もだらだらと飲むのは、歯の健康にとってやっぱりよくありませんね。

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

関連ページ

歯に良くない飲み物って?
歯に良くないとされる飲み物には何があるのでしょうか?
歯肉炎対策にオススメな栄養素は?
歯肉炎対策に注目の集まっているある栄養素とは?
間食が多い人は歯肉炎になりやすい?
間食が多い人は歯肉炎をはじめお口の中の様々なトラブルを引き起こしやすくなると言われていますが、それはなぜでしょうか?
甘いものは虫歯のもと、は本当か?
よく「甘いものは虫歯のもとだから歯に良くない」と聞きますが、本当のところはどうなんでしょうか?
よく噛まないで食べる人がなりやすい病気って?
あなたは食事の時によく噛んで食べていますか?歯科医学ではよく噛んで食べることの効能が注目されています。言い換えればよく噛まずに食べることは体の様々な病気の引き金になるということです。
食生活の欧米化が体臭&口臭の原因?
唾液には「ネバネバ」と「サラサラ」の2種類があった!?