糖尿病と歯肉炎の関係は?

 

 

糖尿病になると歯肉炎を引き起こしやすくなる…。
また、その逆で歯肉炎になったせいで糖尿病や肺炎などを引き起こしやすくなる
ということをよく耳にしますが、
これは一体どういうことでしょうか?

 

 

糖尿病と歯肉炎の関係性について調べてみました。

 

 

 

歯肉炎が糖尿病や肺炎を引き起こしやすくする理由は?

 

 

糖尿病になるとすいぞうから分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が減ります。
このため血糖値が下がらなくなります。
ここで歯肉炎を併発してしまうと思わぬことが起こります。

 

 

 

歯肉炎になると歯グキから出血が起こりやすくなります。
そしてこれが原因で血流の中に歯肉炎による菌や物質が入っていくことになると思います。

 

 

 

その物質がインスリン抵抗性を増強したりして糖尿病になったり、
免疫力を弱めて肺炎になりやすくするそうです。

 

 

 

具体的には、歯周病金が免疫細胞を刺激して
炎症性のサイトカインという物質を作り出します。

 

 

 

この炎症性サイトカインが歯肉炎のせいで出血した際に
歯肉の毛細血管から血液中に侵入して
インスリンの働きを阻害してしまうことがわかっています。

 

 

 

このため、歯肉炎と糖尿病を併発してしまうと
血糖値のコントロールがうまくいかなくなって
糖尿病の治療をしてもうまくいかないばかりか、重症化してしまうことがあります。

 

 

 

逆に言えば、徹底した歯肉炎&歯周病ケアの方法をマスターし、
口腔内の健康を維持することができれば、
糖尿病の改善が期待できるという見方もあります。

 

 

 

糖尿病のせいで歯肉炎になりやすくなる理由は?

 

 

糖尿病の患者さんが歯肉炎を引き起こしやすくなるのにも理由があります。

 

 

 

まず糖尿病の主な症状として口腔内の乾燥(ドライマウス)があります。
これが起こると、口の中の細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

 

 

また、高血糖状態では、毛細血管が多い歯周組織において、
循環障害が起こりやすくなります。
そのせいで繁殖菌によるダメージが起こり歯肉炎に発展したり悪化させやすくなります。

 

 

 

ちなみに、糖尿病による高血糖のサインには、

 

 

  • 口の中や喉の渇き
  •  

  • 多尿で何度もトイレに行きたくなる
  •  

  • なんだか疲れやすい
  •  

  • 異常な空腹感を感じたりする
  •  

  • 突然の体重減少が起こる

 

 

などがあります。

 

 

 

いかがだったでしょうか?
糖尿病と歯肉炎の切っても切れない関係性について
参考になりましたら幸いです。

 

 

 

もしも今糖尿病などでお悩みでしたら、まず歯ぐきが健康な状態かどうか
歯科医院で検診を受けてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

歯周病を合併した糖尿病患者に対して歯周病の治療を行ったところ、
血糖値が改善されたという例も報告されています。

 

 

 

いまや、日本人成人の6人に1人ほどが糖尿病か、その予備軍だと言われています。
血糖値が気になる人は特に歯肉炎や歯周病の治療や予防は
最重要な要素の一つであるということを意識して日々のケアを行ってみてください。

 

関連記事〜この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。